2014年5月アーカイブ

単純にムチでお客をたたいたり、ボンテージで拘束することだけがSMではありません。 九州で私は大学時代を過ごし、今また社会人になって戻ってきましたが、風俗遊びを覚えてから、福岡のSMプレイにはまりました。 女王様がお客に対してかなり無茶な行為を強要するのがこのプレイの醍醐味であり、飲尿や浣腸なども平気でその内容に入っています。


オプションでどんなことをするか選べるのも福岡のSMプレイの魅力で、自由にストーリーを組み立てることができます。 時間が決まっているのであまり長いプレイはできませんが、それでも美しい女王様と一緒の時間を過ごせるだけで楽しくなるでしょう。 九州の女性は誰もがあっけらかんとしていて、底抜けに明るいです。


これがプレイにも反映されているので、SMにも暗さがあまり感じられません。 デリヘルなどでホテルに行き、最初から最後までマグロ状態で責められ続けるプレイをしていても、彼女たちが明るい言葉攻めをしてくれるので、Mの私は立ちっぱなしなのです。