2013年8月アーカイブ

横浜のm性感ではどのようなプレイを体感できるのでしょうか?サービスを担当してくれるセラピストはちょっとスケベでイタズラで意地悪な部分も兼ね備えた痴女です。


まずは指で触れるか触れないかといった優しいタッチのフェザータッチマッサージで、早くも身悶えするような焦らしのテクニックで幕を開けます。


指先で触られただけで感じまくってどうしようというところへ、今度はリップ性感です。


耳もとから首筋・背中・脇腹・お尻など、あなたと肌を密着させながら上下に這うように唇で刺激を与え快感も興奮に達します。


そこで、いったんブレイクして全身のオイルマッサージにより、心身共にリラックスし、さらに感じるための準備を整えます。


続いて、そけい部のマッサージで男性機能の改善、リンパマッサージで血液循環をよくし体力や精力の回復・促進を促します。


ここで不意打ちの強制顔面騎乗により、魅惑の匂いを嗅ぎながら美尻に埋もれます。


さらに精力アップのための睾丸マッサージ、性感帯を責めまくる乳首舐めマッサージ、最後は焦らしながらの手コキで最高潮に達します。

性感というのは、何らかの刺激を与えられた際に感じる、性的な快感のことです。


例えば、性器や胸などを刺激された際に、気持ちが良いと感じる、あの感じのことだと言えるでしょう。


分かりやすいように、代表的な部位を挙げましたが、性器や胸に限らず、太ももや脇、指、耳、首、お尻など、あらゆる部位への刺激で、人は性的な快感を感じることが可能です。


ただ、一般的に、性感というのは開発されていないうちは、あまり上手に認識することができないと言われます。


性的な経験がなかったり、浅かったりする人は、刺激を受けても、何となくくすぐったい感じがする、と思うだけで、それが性的に気持ちが良いということなのだと理解することができないのです。


その状態を打開したい場合には、性感を開発したい部位への刺激を繰り返し行うようにすることが大切になります。


繰り返し刺激をすることで、だんだんとその部位に受けた刺激を敏感に感じ取ることができるようになってきて、くすぐったいというだけではなく、快感を覚えているのだと実感できるようになってくるのです。


パートナーと性行為を行う中で、自然と開発されていくものですが、自慰によっても開発することは可能なので、パートナーとの性行為を楽しみたい場合には、事前に自分で開発しておくのも良いでしょう。

実は風俗店では、男の潮吹きを体験できるお店が多いです。


しかも基本のプレイに含まれていて、お願いすれば無料で体験できるお店もたくさんあります。


体験してみたい人は無料で試せる風俗店を探してみてはどうでしょうか?意外とたくさんあります。


ただ注意点があるのですが、男の潮吹きを体験したいのならしっかりと責めに耐え続けなければなりません。


射精後に亀頭を刺激し続けることで潮吹きを体験できるのですが、その時絶頂を絶えることで潮が噴出します。


なのでしっかりとせめに耐え、究極の気持ちよさを体験してみてください。


実際に体験した男性たちは、ドライオーガズムのように気持ちがよかった、といっている男性が多いです。


ドライオーガズムとは最近話題になっているかなり高い快楽を味わえるものの一つですが、それと同じくらい、それ以上の気持ちよさがあるというのですから、一度は体験してみたいと思う人も多いのではないでしょうか?自分ではなかなかできないので、風俗へ行きましょう。

前立腺を刺激する方法として人気があるのがenemaguraです。


これはアメリカで開発されたマッサージ機器なのですが、これを利用して前立腺を刺激する事でドライオーガズムを得る事が出来る物となっています。


その為、ドライオーガズムを求めている人であればこの名前は良く知っているし、実際に大勢の人がそれを利用したこともあるのです。


さて、enemaguraは肛門に挿入して使う物なので、事前に浣腸しておくのも良いでしょう。


また前立腺自体は刺激すると尿意を催す事があるので、それを挿入する前には排尿を済ませておくのが重要です。


そして挿入する事になりますが、そのままではなかなかできないのでしっかりとローションを使って滑りやすくするようにしましょう。


enemaguraは前立腺・肛門・会陰部を同時に刺激する事ができます。


痛みを感じてしまったら、まずはもとに戻すようにしましょう。


痛いのも我慢すれば何とかなると思って続けてしまうと、場合によってはなかなか痛みが引かないこともあるので注意します。


さて、実際にそれを利用する事でドライオーガズムを得たら、ちゃんとそれをきれいにするようにしましょう。


特に体の中に入れるので、清潔には心掛ける必要があります。


使用後は石鹸できれいにして、タオルドライの後しっかりと乾燥させましょう。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.292